2018年11月22日

平成30年度 卒業設計中間発表(1回目)

お疲れ様です。伊藤です。

本日は、卒業設計の中間発表(1回目)を行いました。
今回の中間発表では、各自の卒業設計のテーマを主体に、現在までの進捗状況を報告してもらいました。非常に楽しい雰囲気の発表会となりました。

毎年のことですが、バラエティーに富んだテーマ設定となっています。
サッカースタジアム、児童養護施設、道の駅、小劇場、海の家、複合商業施設、美術館、土崎の街並みの計画、構造設計事務所の計画、理想の住まい、保育園等々です。

例年に比べ、やや道の駅をテーマとした計画が多いように思いましたが、それぞれに個性的な特徴があるので、重複しているというイメージはあまり感じませんでした。

これから、もう1回中間発表会を経て、2月の審査会となります。
二年間の集大成ですので、全力で完成させて下さい!!

tyuukan.jpg
(専門1年のみなさんも真剣に聞いていました。)


posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月21日

学科W(施工)(2級過去問)NO.8

お疲れ様です。伊藤です。

本日は、施工です。
鉄筋工事については、毎年必ず1問か2問出題されます。

細かい数値等を覚えなければならないので大変ですが、問われる箇所と内容は毎回ほぼ同じです。本校で使用している施工の教科書を参考にして、下の問題にチャレンジしてみて下さい。


学科W(施工)(2級過去問 H29)
NO.8 鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 屋根スラブの下端筋として用いる鉄筋の直線定着の長さを、10d以上、かつ、150mm以上とした。
  2. D19の鉄琴に180度フックを設けるための折曲げ加工を行ったので、その余長を4dとした。
  3. 鉄筋径が異なるガス圧接継手において、圧接部のふくらみの直径を、細いほうの鉄筋径の1.4倍以上とした。
  4. 梁主筋を柱内に定着させる部分では、柱せいの1/2の位置において、梁主筋を折り曲げた。
  5. 柱の四隅の主筋のおいて、最上階の柱頭の末端部には、フックを付けた。


続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月19日

学科V(構造)(2級過去問)NO.8

お疲れ様です。伊藤です。

本日は、構造です。
下の問題は、鉄骨構造における超頻出の内容を網羅しておりますので、来年、建築士試験の受験を考えている本校の在校生・卒業生諸子は、何度も反復解答し、完璧にマスターして下さい。


学科V(構造)(2級過去問 H29)
NO.8 鉄骨構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 長期に作用する荷重に対する梁材のたわみは、通常の場合ではスパンの1/300以下とし、片持ち梁の場合ではスパンの1/250以下とする。
  2. H形断面を有する梁が、強軸まわりに曲げを受ける場合、梁の細長比が大きいほど許容曲げ応力度が小さくなる。
  3. 根巻形式の柱脚においては、一般に、柱下部の根巻き鉄筋コンクリートの高さは、柱せいの1.5倍以上とする。
  4. 形鋼の許容応力度設計において、板要素の幅厚比が制限値を超える場合は、制限値を超える部分を無効とした断面で検討する。
  5. 許容応力度設計において、ガセットプレートのように、細長い長方形断面のみでせん断力を負担する場合には、平均せん断応力度の1.5倍が許容せん断応力度以下であることを確かめる。



続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月16日

学科U(法規)(2級過去問)NO.8

お疲れ様です。伊藤です。

昨日、とある団体の、ちょっと早めの忘年会的な飲み会がありました。
加藤先生とご一緒に参加させて頂きました。

自分は、現在、椎間板ヘルニアなるものを患っていて、結構強烈な痛み止めの薬を服用しており、医者からアルコールの摂取を止められています。従いまして、ノンアルコール飲料での参戦となりました。

そこで分かったことですが、今の居酒屋って、ノンアルコール系が充実してるんですね!
下の画像は、ジントニックのノンアルコール飲料です。
nonaru.jpg

なんかオシャレな容器に入っていて、ストローで飲むという、初めての経験をさせて頂きました。
ちょっとだけ気恥ずかしさもありましたが、なかなか美味しかったです!


では、法規の問題です。
少し、アルコールでも入れながら、気軽に解いてみて下さい。


学科U(法規)(2級過去問 H28)
NO.8 2階建て、延べ面積150uの一戸建て住宅に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、地階及び防火壁はないものとし、防火地域及び準防火地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。
  1. 準防火地域以内において外壁を耐火構造として新築する場合、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  2. 準防火地域内において木造建築物として新築する場合、その外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造としなければならない。
  3. 防火地域内において新築する場合、屋根の構造は、市街地における通常の火災による火の粉により、防火上有害な発炎をしないもの及び屋内に達する防火上有害な溶融、亀裂その他の損傷を生じないものとしなければならない。
  4. 防火地域及び準防火地域にわたり新築する場合、準耐火建築物としなければならない。
  5. 防火地域内において高さ2.1mの塀を設ける場合、その塀は、不燃材料で造り、又は覆わなければならない。




続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月12日

学科T(計画)(2級過去問)NO.8

お疲れ様です。伊藤です。

現在、本校の2年生たちは、来年の二級建築士試験の一発合格を目指して頑張っています。「あっ」という間に、7月の本試験はやってきますので、今から全力で勉強して行きましょう!

下の問題は、いわゆる計画系(建築史)の問題ですが、良問だと思います。まだ、本腰を入れて資格試験の勉強を始めていない在校生も、本校で「普通に」授業を受けてさえいれば、「絶対に」解ける問題(のはず)です!

もしも間違ってしまった場合は、一昨年度まで「建築史」の授業を担当されていた平野内先生や昨年度から「建築史」を担当している原田先生が、さぞかし悲しむことでしょう!!



学科T(計画)(2級過去問 H27)
NO.8 建築物とその特徴に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. ハギア・ソフィア大聖堂(イスタンブール)は、ペンデンティヴドームを用いた大空間を特徴としたビザンチン建築である。
  2. ノートルダム大聖堂(パリ)は、側廊の控壁をつなぐフライングバットレスや双塔形式の正面を特徴とした初期ゴシック建築である。
  3. フィレンツェ大聖堂(フィレンツェ)は、頂部へと尖った二重殻の大ドームを特徴としたルネサンス建築である。
  4. サヴォア邸(パリ郊外ポワシー)は、中央コア部分以外に間仕切りがなく、外周部が全てガラスで覆われた住宅である。
  5. シドニーオペラハウス(シドニー)は、円弧のシェル群によるシンボリックな造形を特徴とした建築物である。



続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月09日

球技大会

お疲れ様です。小野です。

11月8日(木)は、1・2年生合同で
「球技大会」がありました。

学校近くの体育館のコートを貸しきってのイベントでした。

IMG_0994小.jpg
しっかり、ラジオ体操とストレッチから始める生徒たち。
えらい。


IMG_1001小.jpg
最初の競技
バドミントン


DSC01957小.jpg
お次は、バレー
アタックとブロック、かっこいい。


DSC01959小.jpg
競技中にもかかわらず、カメラを向けると目線とポーズくれる生徒。
かわいいですね。笑


DSC01966小.jpg
ラストは、バスケからのドッジボール。


DSC01971小.jpg
DSC01972小.jpg
最後は、みんなでアイスを食べていました。
おつかれさまでした(^o^)

盛り上がっていて、何よりでした。
1年生と2年生合同でのイベントは貴重で、
とても楽しんでいたようだったので良かったです。

 ・
 ・
 ・

しかし

本日は普段通りに授業があったのですが、
生徒の皆は、昨日の球技大会の影響で
全身筋肉痛となり、
校内のあちこちから、悲鳴が聞こえていました(笑)

私自身も、バレーボールで
生徒と少し遊んだだけで筋肉痛(´×ω×`)

自分の運動不足を痛感しました。



ということで...私事ですが...
小野、スポーツジムに今月から通うことにしましたっ(・∀・)!!笑

まずは、7キロ減を目指そうと思います。
ごはん大好き、お酒大好きな私には、厳しい試練ですが、
頑張ります\(^o^)/



おの たまみ (OnO`)




posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野珠海

2018年11月07日

見せる収納・隠す収納

お疲れ様です。山田です。

家の中での私のエリアはやっぱりキッチンです。
そこで、キッチンをより良い空間にしようプロジェクト(^^)/

キッチン収納での悩み・・・
@ゴミ箱問題
 ペットボトル・ビン・カン
 結構場所をとるゴミ箱。
 一番気になるのが見た目。
 目に付くところに置きたくない。でも必要不可欠な存在。
A弁当箱など毎日使う物の収納
 私は毎日3つ(時々4つ)お弁当を作るのですが、
 使用頻度が高いからいつもそこら辺に置きっぱなしになってしまう。
 そして使わない土日はすごく邪魔・・・

その2つを解決するために、思い切って棚を購入しました。
それがこちら ↓ 

キッチン棚➊.jpg



上部は、毎日使う物を【見せる収納】で使いやすく!
1段目には、弁当箱・スープジャー
2段目には、毎朝起きたら必ず飲むコーヒー用品・水筒・箸
3段目には、ダイニングで使う箸・スプーン・フォーク・皿

下部には、ゴミ箱が3つ隠されています。隠す収納で見た目をすっきり!

これで、
見た目も良し!
使い勝手も良し!
毎日使うものが1つにまとまってお悩み解決!



★山田 律子★




posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田律子

2018年11月06日

学科X(施工)(1級過去問)NO.7

お疲れ様です。伊藤です。

施工という教科は、試験的には色々と覚えることが沢山あり、苦手とする卒業生・受講生の方も多いです。特に、防水工事や仕上工事の問題において、その傾向が顕著です。しかし、項目ごとにまとめて勉強していくと、意外にも問われることはある程度決まっていることが見えてきます。

下記の問題は、難易度的には中くらいの問題だと思われます。
気軽にチャレンジしてみて下さい。


学科X(施工)(1級過去問 H28)
NO.7 防水工事及び屋根工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. アスファルト防水工事において、コンクリート下地の乾燥状態については、高周波水分計による下地水分の測定により判断した。
  2. シーリング工事において、特記がなかったので、コンクリート壁下地の外壁のタイル目地に2成分形ポリサルファイド系シーリング材を使用した。
  3. アスファルト防水工事で使用する縦引き型ルーフドレンについては、ルーフドレンから雨水排水縦管までの横引き管を短くするため、ルーフドレンをパラペットの立上り部に接する位置に設置した。
  4. 金属板による折板葺において、タイトフレームと受け梁との接合については、ボルト接合とせずに隅肉溶接とし、風による繰返し荷重による緩みを防止した。



続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月05日

学科W(構造)(1級過去問)NO.7

お疲れ様です。伊藤です。

今朝は、寒かったっすね。
いよいよ冬を感じさせる寒さだったように思います。

昨日は、地震のため延期されていた北海道地区での二級建築士製図試験が行われたようです。
難易度はどうだったんでしょうね。気になるところです。


では、本日は構造です。
下記の問題は、建築士試験では頻出の問題です。
せん断破壊、靱性、脆性、短柱、長柱などのキーワードの意味をよくおさえておきましょう。


学科W(構造)(1級過去問 H22)
NO.7 鉄筋コンクリート構造の柱部材の強度・靱性能に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 帯筋の拘束度合いが大きい場合、一般に、柱部材の軸方向の圧縮耐力は大きくなり、最大耐力以降の耐力低下の度合いは緩やかになる。
  2. 一般に、柱部材に作用する軸方向の圧縮力が大きいほど、せん断耐力は大きくなり、靱性能は低下する。
  3. 一般に、柱部材の内法寸法が短いほど、せん断耐力は大きくなり、靱性能は低下する。
  4. 一般に、柱部材の引張鉄筋が多いほど、曲げ耐力は大きくなり、靱性能は向上する。



続きを読む
posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志

2018年11月02日

名言集28

お疲れ様です。伊藤です。

最近、あるテレビ番組を見ていて、まさに衝撃的な一言を頂戴しました。
人生における全ての段階において適用される名言中の名言だと思いました。


『失敗しないことが、一番の失敗』


うーむ。
復唱すればするほど、その奥深さに打ちのめされそうになります。

自分自身、これまでの人生を振り返ってみて、まさに失敗の連続でした。
これからも数えきれないほどの失敗を積み上げていくんだろうと思われます。

しかし、失敗する度に、ほんの少しですが、確かに経験値が上がるような実感があります。
そして、一度失敗したことは、(一応)二度と失敗しないように決意します。
(あくまでも、一応です…。)

本校での教育方針の一つとして、例えば建築士試験の過去問演習において、「一度間違った問題は二度と間違えないようにしよう!」というものがあります。また、製図試験の勉強においては、本試験までにとにかくミスをしてもらい、そのミスを修正します。

いずれにしましても、失敗(ミス)をしないことには、成長はあり得ません。
このことは断言できます。

以上、久しぶりに感銘を受ける一言に出会ったという話でした。




posted by 秋田建築デザイン専門学校 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤 竹志